2015年01月02日

東京ディズニーリゾートの強さ・凄まじさ(2)

東京ディズニーリゾートは今後もこの好調さが保持されるのか。

そこで気になるアメリカのディズニー社との契約関係。

その契約範囲は、東京ディズニーリゾートの経営・運営とされる。

その期間は2001年から45年間。

だが、その後も更新し続けることができるのだろうか?

直接、経営陣に尋ねたところ、米ディズニー社との関係は良好で心配ないという。

実際は東京ディズニーシーの開園に伴い延長されている。

ロイヤルティーは円建てで、売上の平均7%程度を米ディズニー社に納めている。

為替リスクはないのだが、儲かっている東京ディズニーリゾートに本部からロイヤリティーが上がる要請はないのだろうか?

それもないと断言された。

アメリカのディズニー社とは資本関係も人的関係もないが、日本でディズニーのテーマパークを運営しているのはオリエンタルランドのみ。

この圧倒的強みを活かし、立地している浦安舞浜の土地をさらに開発して、テーマパークの価値の最大化をさらに目指す。

オリエンタルランドの鼻息は荒い。
posted by 奥田広隆 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テーマパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

東京ディズニーリゾートの強さ・凄まじさ(1)

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営しているのはオリエンタルランド。

いまや日本のテーマパーク業界で一人勝ちの様相を見せている。

年間入園者数も開園した1983年度に993万人。

翌年の1984年度には1001万人と1千万人を超えた。

そして東京ディニーシーが開園した2001年度には2205万人と2千万人を超えた。

その後も右肩上がりで、30周年の2013年度には3130万人と3千万人を達成した。

「レジャーランド&レクパーク総覧2014年」によると、入園者数(2012年度)は大阪のユニバーサルスタジオ(USJ)で975万人、ハウステンボス191万人、志摩スペイン村133万人と比べても、東京ディズニーリゾートの入園者数の凄まじさが分かる。
posted by 奥田広隆 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テーマパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。