2015年01月02日

東京ディズニーリゾートの強さ・凄まじさ(2)

東京ディズニーリゾートは今後もこの好調さが保持されるのか。

そこで気になるアメリカのディズニー社との契約関係。

その契約範囲は、東京ディズニーリゾートの経営・運営とされる。

その期間は2001年から45年間。

だが、その後も更新し続けることができるのだろうか?

直接、経営陣に尋ねたところ、米ディズニー社との関係は良好で心配ないという。

実際は東京ディズニーシーの開園に伴い延長されている。

ロイヤルティーは円建てで、売上の平均7%程度を米ディズニー社に納めている。

為替リスクはないのだが、儲かっている東京ディズニーリゾートに本部からロイヤリティーが上がる要請はないのだろうか?

それもないと断言された。

アメリカのディズニー社とは資本関係も人的関係もないが、日本でディズニーのテーマパークを運営しているのはオリエンタルランドのみ。

この圧倒的強みを活かし、立地している浦安舞浜の土地をさらに開発して、テーマパークの価値の最大化をさらに目指す。

オリエンタルランドの鼻息は荒い。
posted by 奥田広隆 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テーマパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407284085
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。